2万円借りるならココ!初心者でも安心の大手金融機関

当サイトでは、『2万円のお金を借りたい』という方向けに安心してお金を借りれる個人向けローンを厳選して紹介しています。
掲載しているのはどこも低金利で的確な審査、CMなどによる知名度も抜群の金融会社ばかりですが、申し込み数による人気でいえば、みずほ銀行カードローンが頭ひとつ抜けている感じで、その他にじぶん銀行や大手消費者金融などが続いていますが、いずれにしても全国どこからでも審査申し込みが可能なカードローンが中心になります。地方銀行は営業エリア内からしか申し込みができませんのでご注意ください。

特徴別でみると、低金利で銀行業界大手のみずほ銀行、CM効果で親近感・安心感が大きいオリックス銀行、迅速審査で新規即日振込みにも対応しているアコム、借り換えを謳っているじぶん銀行といった感じになります。



みずほ銀行カードローン

みずほ 金利 審査 保証人・担保 年会費・手数料 最大限度額
年2.0%〜14.0%
来店不要 不要 無料 800万円
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。

みずほ銀行の特徴は限度額が高額な点にあります。最高で800万円という限度額は銀行のカードローンの中でも高額の部類に入ります。
都銀ですから、金利、提携ATMともに日本トップクラスといえます。

インターネットなら10分〜15分程度で簡単に申し込みが完了します。もちろん、日本全国どこからでも、今すぐに申し込みが可能です。

貸付条件をご確認ください


じぶん銀行カードローン

お申込みはこちら 金利 来店申込 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
1.7%〜17.4% 不要 不要 なし 800万

じぶん銀行の特徴は手軽さにあります。パソコン、携帯で申込から借り入れまでが完結するという手軽さは、銀行系の中ではあまりありません。
ちなみに、携帯は、au・NTTドコモ・ソフトバンクに対応しています。
金利は1.7%〜17.4%、限度額の最高は800万円です。特に下限金利は日本でもトップクラスの低金利となっています。少額融資の人も、高額融資を検討する人も低金利で利用することが可能です。

インターネットなら10分〜15分程度で簡単に申し込みが完了します。もちろん、日本全国どこからでも、今すぐに申し込みが可能です。

貸付条件をご確認ください


楽天銀行スーパーローン

お申込みはこちら 金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
1.9%〜14.5% 1〜2営業日 不要 なし 800万

楽天銀行スーパーローンの最大の特徴は何と言っても1.9%という下限金利は他のカードローンではなかなか見ることができないほどの金利で、大口融資をご希望の方に最適なカードローンだといえます。
また、時々楽天会員向けのキャンペーンも実施されたりしますので、楽天会員の方にも検討の余地の大きなカードローンといえるでしょう。

インターネットなら10分〜15分程度で簡単に申し込みが完了します。もちろん、日本全国どこからでも、今すぐに申し込みが可能です。

楽天銀行スーパーローン貸付条件



15分〜20分程度で完了!初心者でも簡単な申し込み手順

ほとんどのカードローンやキャッシングは、図のような手順で申し込みを行うことができます。 まずはどこに申し込むかを貸付条件等を確認しながら決めましょう。決めたら、公式サイトにて申し込みを行います。 申し込みする際に必要な項目は、大体が住所・氏名・年齢・メールアドレス、電話番号、あと年収や希望の融資額もしくは融資枠等になります。

入力は非常に簡単に終わります。早い人で10分程度、入力が遅い人でも20分程度もあれば完了します。

申し込み入力が完了すると、身分証明書をご用意ください。身分証明書とは運転免許証、健康保険証などの他、パスポートなどがあります。

申し込みが完了し、審査が通過すれば、カード発行となります。近隣の自動契約機でカードを受け取れば利用可能になります。
融資を急いでいる場合は、審査通過後すぐにカードを自動契約機で受け取れば、その日のうちに利用することもできます。

利息の計算方法

利息は、以下の計算方法で算出されます。

融資額×利率÷365日×借りた日数

【例】
30万円を1か月(30日間)借りた場合の利息

・金利5.0%だと・・・
  >30万円×0.05÷365日×30日≒1233円
・金利10%だと・・・
  >30万円×0.1÷365日×30日≒2466円
・金利15%だと・・・
  >30万円×0.15÷365日×30日≒3699円
・金利18%だと・・・
  >30万円×0.18÷365日×30日≒4438円

カードローン利用時の留意事項

カードローンといえばいまどきの個人向けローンの代表選手と行ってもよいくらいになっていますが、利用の敷居が比較的低いからこそ、利用者は注意すべき点があります。

それは、『ついつい何度も利用してしまう』ということです。

ひとつのカードローンに依存してしまい、借りて返してを繰り返していくうちに、借金はどうしても膨れ上がる傾向があります。
カードを使った返済以外にはカードは使わないんだというくらいの気概を持って利用することが大事です。多重債務になる人はあっという間になるそうですから、個人向けローンと侮ることなく借金生活をしているという自覚を持つことが重要です。

借入条件など

金利別

金利が5%以内 / 金利が6%以内 / 金利が7%以内 / 金利が8%以内 / 金利が9%以内 / 金利が10%以内 / 金利が11%以内 / 金利が12%以内 / 金利が13%以内 / 金利が14%以内 / 金利が15%以内 / 金利が16%以内 / 金利が17%以内 / 金利が18%以内 / 金利が19%以内 / 金利が20%以内 / 金利が21%だったら / 金利が22%だったら / 金利が23%だったら / 金利が24%だったら / 金利が25%だったら / 金利が26%だったら / 金利が27%だったら / 金利が28%だったら / 金利が29%だったら / 金利が30%だったら